スポンサーリンク

【歴史】織田信長=「大猿」「黒鼠」 豊橋・金西寺文書に辛辣な批判記述…恨み辛み込め「苛政暴虐枚挙に堪えず」弾圧時の仏教界感情示す

▼本日のおすすめ記事
1: ニカワ ★ 2017/02/03(金) 06:48:22.37 ID:CAP_USER9

信長を批判する詩文が引用された古文書を説明する島田教授(右)と高崎住職

月岑牛雪大和尚の肖像画の前で「當寺御開山御真筆」を持つ高崎住職㊧と島田教授(豊橋市役所で)

豊橋市下条東町の金西寺に伝わる文書の「當寺御開山御真筆」に、戦国武将の織田信長を批判するような記述が見つかった。調査した専門家は、仏教を弾圧した信長に当時の仏教界が抱いた感情を理解する上で貴重な史料だとしている。

「當寺御開山御真筆」は、江戸時代を代表する高僧の月岑牛雪大和尚が1619年頃、金西寺を開く際に書いたとされる。寺宝として長く収蔵されていたが、高崎俊幸住職(60)が豊橋創造大の島田大助教授(53)=日本近世文学=に解読を依頼した。

その結果、文書の冒頭に江湖散人という僧侶の詩文が引用されていることが分かった。1582年6月の本能寺の変の翌月に書かれたとみられるその詩文では、仏教を弾圧した織田信長を「大猿」「黒鼠」と蔑(さげす)むように表現し、「苛政暴虐枚挙に堪えず」と告発している。信長の治世を公家が糾弾した例はあるが、僧侶がここまで過激に書くのは珍しいという。

江湖散人と同一人物とされる集雲守藤は、子どもの頃に信長による比叡山延暦寺の焼き討ちを間近に見た可能性がある。辛辣な書きぶりから、島田教授は「信長に対する恨み、つらみが普通ではなかった」と当時の仏教界の心情を推し測る。

◇批判 本能寺の変の後か

豊橋市にある曹洞宗の金西寺(高崎俊幸住職)に伝わる古文書に、戦国武将の織田信長を批判的に評した詩文が引用されていると、調査した豊橋創造大学の島田大助・教授(53)(日本近世文学)が1日、発表した。詩文は、信長が明智光秀に討たれた本能寺の変(1582年6月)の翌月に書かれたとみられ、「信長がいなくなったことで、当時の人たちが心中に秘めていた思いを表に出せるようになったのではないか」と島田教授は話している。(藤川拓生)

金西寺の寺宝であるこの古文書は、寺の開祖である月岑牛雪大和尚が書いたとされる「當寺御開山御真筆」で、江戸時代前期の1619年以降のものとみられる。引用された詩文は、この冒頭にあり、集雲守藤(別号・江湖散人)という僧の作で1582年6、7月に起きた出来事が書かれている。

島田教授によると、この中に、信長について「金を多用してぜいたくな安土城を築いた」「比叡山の焼き打ちを行った」などと解釈できる表現があり、「黒鼠」との言葉も出てくる。島田教授は「『黒鼠』は、この詩文では『害を与える者』という意味で使われ、信長を批判している」と解釈する。一方で、明智光秀については「勇士であり、(信長を)討ち取っても、誰も批判しないだろう」という内容もあった。

詩文は、寺が開かれる時に祝辞として書かれる「開山記」として引用された可能性があると言い、「仏教界と敵対した信長が亡くなり、ようやく安心できる世になるという人々の思いが表現されているのではないか。それにしても、黒鼠という強い表現で時の有力者を批判した文書は珍しい」と話している。

引用元: ・https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1486072102/


4: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 06:53:28.18 ID:9SknYe/Y0
>>1
やはりノブさんの比叡山焼き討ちは正しかったんやな。
ノブさん、焼き討ち前に3年の猶予を与えてたし。
それを無視して自堕落にやってたから滅ぼされたんだろ。
いわば逆恨み。

2: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 06:51:22.44 ID:r/YLa84d0

>『黒鼠』は、この詩文では『害を与える者』という意味で使われ、

頭の黒いネズミやんけ

6: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 06:58:49.97 ID:PXkAOiCs0
戦国時代のトランプだなwww

7: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 06:59:32.95 ID:jTjMDyeY0
猿の親分だから大猿か

8: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 06:59:39.46 ID:YC5Alhd90
まぁ確かに織田信長はキチガイ中のキチガイだからなぁ

9: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 06:59:42.73 ID:ON6lpMVY0
光秀シンパが飛びつきそうなネタだ

10: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:02:32.28 ID:E9RZaRZl0
明智光秀→天海って本当にだったんだ

11: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:03:02.33 ID:J0k8GeyN0
こういう事を言い出すから坊主はダメなんだ
黙ってお勤めだけやってろ

12: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:04:59.43 ID:jbLQUD/90
ただの武装勢力だったくせに仏教弾圧って…

60: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:25:35.27 ID:95oTTIdF0
>>12
それなw

13: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:05:07.41 ID:hOdRrw+q0

藤沢周平Wikipediaより

織田信長の先進性を認めながらも、小説の下調べのため史料を調べている時に
残虐な振る舞いの多さに気づき、以降信長を嫌うようになった、と
エッセイ『信長ぎらい』で述べている。別のエッセイによれば、
この小説は明智光秀を描いた小説『逆軍の旗』のことであったという。
また、この信長観については「全集」解説を担当している向井敏が、
司馬遼太郎との差異として取り上げている。

64: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:26:37.85 ID:smbAlq7B0
>>13
信長の残虐性は嫌うのに
中国共産党の虐殺・粛清は気にしないのなw

14: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:05:46.78 ID:/V5jUwYS0
当時の仏教界が既得権の固まりでやりたい放題だったならどっちが正しい政治だったかわからん

16: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:08:11.97 ID:77E/ptd20
>>14
どっちも正しいよ
戦争なんてそんなもんだよ

24: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:13:51.93 ID:7sw0/dk60
>>14
どっちにも良い側面もあれば悪い側面もある。
戦争で決着がついたとしてもどっちが正しいかなんてのは一概に断じられない。

15: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:07:16.32 ID:CmHiKoYq0
トランプだ
スゲーな

17: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:08:40.01 ID:BJ7pdIrJ0
ポジショントークの史料なんて、参考程度のものよ。

18: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:09:46.63 ID:ceKaMvit0
現代の黒鼠は東京都議連都役人やマスゴミ

19: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:10:46.33 ID:Q+FcZ0yp0
宗教と食い物の恨みは深いということか

20: 名無しさん@1周年 2017/02/03(金) 07:12:50.12 ID:wcS4BlCm0

トランプは信長になる

今の人間は信長を見てるのと一緒だ

▼ピックアップ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。