スポンサーリンク

JASRAC「金額の問題ならば交渉に応じる」

▼本日のおすすめ記事
1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/17(金) 07:38:45.26 ID:CAP_USER9

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、2月2日に、楽器の演奏を教える民間の音楽教室から著作権使用料を徴収する方針
(包括契約の場合、授業料収入の2.5%)を明らかにしたことが、波紋を呼んでいる。
JASRACは今のところ、2018年1月から徴収を始める考えを示しているが、楽器教室側は反発しており、
「技術指導や教育目的で行う演奏で、使用料を払う理由はない」と徹底的に争う姿勢を見せている。
業界大手のヤマハ音楽振興会や河合楽器製作所などは、2月3日、JASRACの方針に反対する
「音楽教育を守る会」を結成し、使用料について「債務不存在」を確認する民事訴訟も辞さないとしている。
ここまでこじれている状況について、JASRACはどのように考えているのか。
大橋健三常務理事に話を聞いた。

この記事の写真を見る

■「JASRACは訴訟を望んでいない」

ーー「音楽教育を守る会」は、民事訴訟も選択肢としていて、「教育目的の演奏に、使用料は発生しない」ということについて一歩も引かない構えのようです。

ヤマハや河合楽器のような楽器メーカーが、学校教育とは違うレベルで音楽文化の普及に果たしてきた功績は、敬意を表するものです。
しかし、「音楽文化が廃れてしまうのではないか」という世論の風潮に乗る形で訴訟という拳を振りかざしているとしたら、それはないんじゃないかと。

法廷闘争云々という言葉をお使いになっている以上、こちらも対応する必要がありますので、弁護団と様々な相談をしています。
ただ、お互い手間暇かけて世間を賑わしたところで、不毛だと思っています。J
ASRACとしては、訴訟は全く望んでおらず、話し合いで円満に解決したい。

そもそも、2004年に、名古屋高裁で社交ダンス教室内のレッスンでの音楽利用が、著作権法22条の「公の演奏」に該当することが認められています。
最高裁が上告を棄却したことで、確定されているのです。
公衆がいる場所であれば、鑑賞しているかどうかは関係ない
また、誰から見て「公衆」かと言えば、運営事業者から見た場合です。生徒さんが1人だけレッスンを受けている場合であっても、それは「公衆」になります。

これは、すでに法曹界での常識と言っていい考え方です。
これを覆すということであれば、相当なエネルギーが必要になると思います。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170217-00159017-toyo-bus_all
東洋経済オンライン 2/17(金) 6:00配信

引用元: ・【企業】JASRAC「金額の問題ならば交渉に応じる」


66: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:56:07.50 ID:JOcmPi/g0
>>1
ゴールを動かし続ける韓国みたいだな

2: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:39:36.06 ID:nDs6/B9Z0
誘拐犯のセリフ

3: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/17(金) 07:39:55.89 ID:CAP_USER9

「音楽教育を守る会」の主張とは?

ーー音楽教育を守る会は、「聞かせることを目的として」(著作権法22条)を、「演奏を通じて音楽の官能的な感動を与えることを目的とする」演奏と解釈するべきだ、とも主張しています。
ダンスは官能的な感動を与えることが目的だが、音楽教室は射程外であると。

ヤマハのご担当者に最初、この件で話をしたのは13年前になります。実は、そのときにも同じように主張していました。
「官能的な感動」ということを主張し続ける理由はわかりませんが、おそらく、ヤマハとしても会社としてこれまで主張してきたことを、簡単には変えられないのでしょう。
しかし、「裁判例があるんだから、正面からぶつかったらまずい」と、内心では思っているのではないでしょうか。

また、教育目的という主張も、単に教育だから演奏権が及ばないという定めは著作権法にはありません。
著作権法38条1項では、非営利であること、著作物提供の対価を徴収しないこと、
実演家等が無報酬であること、この3つが全て当てはまる場合に、例外的に使用料を支払う必要がなくなると定めています。

■学校から著作権料を取ることはない

つまり、学校教育法に定める「学校」や「専門学校」での教育は、これに該当します。
宇多田ヒカルさんのツイッターでの発言(もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、
著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。)が話題になりましたが、学校教育法上の「学校」で使う際には使用料を取ることはありません。
ご理解いただけてないようで残念です。
――大手の楽器教室は、法的な問題について十分に理解しているはずです。
彼らが強硬な姿勢を取っている理由をどのように考えていますか。

あくまで想像ですが、法的な主張ではなくイデオロギー的な主張なのかもしれません。
ヤマハと直接交渉した際に、「過去にこういう判例がある」と指摘しても、「それは知っているけど、ヤマハの考え方は違います」というやり取りになってしまう。つまり、ロジカルとはいえないのです。

しかし、ヤマハの主張にはおかしな点もあります。
ヤマハは音楽教室を世界41カ国で展開していますが、数年前にJASDACが行った調査では、韓国、香港、台湾、タイの著作権管理団体から、
「ヤマハ音楽教室の著作権管理をしている」と回答を受けています。つまり、海外では演奏権を認めて使用料を支払っているのです。それなのに、日本では払わないという主張はおかしい。

本当に法律論で争う意思があるのか。それとも、何か違う落とし所を求めておられるのか。その真意が分かりません。

――レッスン料が授業料に転嫁されることは「文化の発展に寄与する」という著作権法の目的に合致しないとの主張に共感する人も多いように思いますが。

それは程度問題でしょう。今提案している使用料は、最大で1レッスンあたり50円です。この程度の金額は何がなんでも受講料に転嫁するものとは思えません。
「JASRACに使用料を払うことになったが、うちは受講料に転嫁しません」という風に企業努力で吸収できるレベルではないでしょうか。

教育・技能の教授を行う教室における著作権管理は、2012年にカルチャーセンター、2015年に社交ダンス以外のダンス教室(注:社交ダンスは1971年)、2016年に歌謡教室で始まりました。
楽器教室だけ例外を認める、というわけにはいきません。

4: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:40:01.01 ID:9Z0nFigS0
負けるのが怖いんでしょ?

60: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:54:53.79 ID:OnR+wvA40

>>4
多分、世間の風当たりが強まってるのが怖いんだと思う。

国会で審議されちゃったりして、独禁法を公取が厳しく適用するとかなりそうだし、別の協会設立の動きにおいかぜになる。

5: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:40:21.00 ID:H9OUTGmk0
2.5%の根拠出せよ

6: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/17(金) 07:40:56.22 ID:CAP_USER9

著作権利用料は負担するべきコスト

そもそも楽器教室を行う上で、元になるのは音楽。それを創作した作家に対して一円たりとも還元がないのは順番としておかしいのではないでしょうか。
教室を維持するために、電気・ガス・水道、家賃、講師への報酬は払っているはずで、著作権使用料についても絶対に必要なコストとして見込んでおくべきものです。

ーー「音楽教育を守る会」は権利者団体に個別に説明に行き、説得するとしています。
JASRACはあくまで権利者の代表なので、権利者の意向が変われば音楽教室への使用料の請求を取り下げる可能性もありますか。

ヤマハは音楽ビジネスのパイオニアで、幅広いビジネスを展開されている。
作家の中にはヤマハに恩義を感じている方も多いと思います。
作家にもいろいろな考え方の人がいますので、中には作家団体の会合で、ヤマハ側の説明に納得し支持する人もいるでしょう。
しかし、作家団体の総意になることは考えられません。

■法律論ではなく、料率の議論をしたい

――議論の結果、料率を引き下げる可能性もある?

包括契約の場合に授業料収入の2.5%をいただくという提案をそのまま絶対に変えない、ということはありません。
ご意見があれば、当然検討したいと思っています。

これまでの交渉では、ヤマハも意見を出すことについて拒絶していません。
3月1日までに意見を出して欲しいとお願いしており、そこに注目したいと思います。
もし、支払うつもりはない、という意見なのであれば今後の展望は見えなくなります。

しかし、「利用実態からみて使用料は2.5%ではなく1%であるべきだ」といった内容の意見であれば、展望が見えます。
頂いた意見を受け入れられるかどうかは別にして、そういった議論、協議であれば、誠意をもって対応させていただきます。
.

7: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:41:39.53 ID:aQ+V2Ux00
1レッスン50円も取るんだ。ずいぶんぼったくるな。

8: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:41:51.98 ID:scTK8mox0
役員報酬どんだけ払ってるか公表しろよ

9: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:42:29.77 ID:fK7WO5Si0
なおJASRAC管轄の曲数を数えるのが面倒なので
クラシックや雅楽からも徴収しますね

10: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:42:40.01 ID:s4wrBhO20
電車の中、ヘッドホンで周りの乗客に音楽を聞かせる連中からも金を取るべきだな。

11: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:42:40.95 ID:9Z0nFigS0
ダンス教室とかはそのまま流してるわけだが
楽器教室とは全く別もんだろ
ほんと腐ってるなこの組織

69: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:58:11.65 ID:SlZcmJ1X0
>>11
だよな。そこが違う

12: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:43:11.41 ID:88x4iY+d0
ヤクザまるだしwwwwwwwww

13: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:43:30.00 ID:T8wjHXti0

>「JASRACは訴訟を望んでいない」

だろうな、裁判で白日の下にさらされるのは超マイナスだからな
欧米ではこんな事例考えられないしな

72: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:59:01.34 ID:gxpUp4lY0
>>13
でも海外では、著作権料はらってるんだろ?

14: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:43:36.26 ID:zjFDC8140
JASRACが指導してるなら分からないでもないが、著作権を守る団体 という名目が
著作権で儲けてる利権団体としか見えなくなってる時点で存在意義がない

15: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:43:46.02 ID:uNFsHlE60
つまり政治家や法曹まで抱き込んでるって事か

16: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:44:11.49 ID:9Z0nFigS0
ヤマハは引かずに戦うべき
国民が味方する

17: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:44:24.14 ID:yiWJgbd+0
完全にヤクザ。
音楽教室が乗っちゃいそうw

18: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:44:36.52 ID:9j+tePOV0
取るけど著作権者に払ってなくね?

19: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:44:47.09 ID:FM1LhBzg0
金額の問題じゃねえ!

20: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:45:16.45 ID:Itv1Oe2p0
こいつらほんと救いようがねーな

21: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:45:19.74 ID:9Z0nFigS0
そもそもこれヤマハが圧勝する事案だからな
裁判に持ち込まれてjasracが負けた場合は最悪の事態になるんだろう

22: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:45:54.52 ID:LV6voU/tO
楽譜は買ってんだから二重取りだろ
図々しい

23: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:46:08.62 ID:JxqOjV/Q0
なんか日和ってないか

25: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:46:51.51 ID:9Z0nFigS0
>>23
法律論から考えて
ヤマハ有利だもん
判例ができたらどんどん反旗があがる

24: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:46:24.95 ID:QSM2JleW0
音楽の授業まで金取るとかバカだろこいつら

26: 名無しさん@1周年 2017/02/17(金) 07:46:54.26 ID:nxOcsWWQ0
仁義なき戦い
▼ピックアップ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。