日本古来のすし「なれずし」、その独特の味わいを楽しむ

CNN
「なれずし」は最も古く、最も原始的なすしで、われわれがよく口にするカリフォルニアロールや刺身とはまるで異なる。 10世紀ごろの日本では魚を塩と米飯で発酵させて保存することがあった。それが最終的に、われわれがよく知る握りずしに取って代わられた。 CNNは、今でもなれずしが一般に食されている滋賀県を旅し、古代から伝わるこの食の伝統を探し出した。 すしの起源 なれずしは、魚を飯に漬けて発酵させた食品...

配信サイトを確認

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus