空爆で重傷負ったシリア少年、英国で手術へ

CNN
シリア西部ホムス郊外の自宅付近で5年前、空爆に巻き込まれてひん死の重傷を負った少年が、英ロンドンの病院で脊椎(せきつい)再建の大手術を受ける。難民支援の慈善団体がクラウドファンディングで資金を集めた。 ナジブ・アリ君(14)は2013年の空爆以来、歩くことができなくなった。背中を貫通した破片が脊椎に達し、下半身がまひしたためだ。手術を受けなければ腎不全になるとも宣告されている。 当初は即死と診...

配信サイトを確認

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus