【パワハラ退所】TKO木下 後輩にペットボトルを投げつけ……フリー芸人として食べていけるか?

ニュース

木下 隆行(きのした たかゆき、1972年1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・TKOのボケ担当である。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長であった父と大分県中津市出身の母(定子)との間に生まれる。父の会社は倒産したため幼少期は苦しい生活を送る。
13キロバイト (1,476 語) - 2020年3月14日 (土) 12:04



(出典 s22d106o.com)


せっかく東京進出おちついたのにね

1 Egg ★ :2020/03/15(日) 06:12:34 ID:gBncpVkl9.net

「わたくし木下は3月15日をもって松竹芸能を退所する事となりました」

 お笑いコンビ、TKOの木下隆行(48)が3月5日、ツイッターで突如退所宣言。芸能デスクが解説する。

「相方の木本武宏(48)は残留、コンビは解散しないという不自然なもの。所属事務所はマスコミの取材に対し、本人が『会社や芸人仲間に迷惑をかけた』と退所を申し出たとしているが、実情は事務所の判断による“契約不更新”ではないか。これまでの貢献に対する温情で、自主退所という形にしたのでしょう」

 背景にあるのは木下の“悪行”だ。本誌が昨年10月に報じた、事務所の同僚、 よゐこ・濱口優(48)の結婚パーティーを巡る疑惑 。木下は後輩たちから会費を徴収したものの支払ったのは濱口。しかし木下は会費を返さず、それを追及した後輩にペットボトルを投げつけた。このことで事務所は木下を厳重注意。

「他にも後輩芸人へのパワハラ行為の数々が取り沙汰された。事務所はBSと関西のラジオのレギュラーだけ継続。東京の仕事は入れず、経過を見ていた」(同前)

 しかし結局、退所に至ったのは、昨今の芸人スキャンダルが影響していると在阪芸能記者は指摘する。

「ライバルの吉本興業が昨年、宮迫博之の闇営業問題に端を発し契約問題などが噴出、大ダメージを負った。笑福亭鶴瓶、よゐこ、ますだおかだなど温和なイメージのタレントを揃え独自の存在感を放つ松竹芸能にとって、パワハラや金銭問題は絶対にNGなのです」

退所後の木下の行く末は?

 木下はTKOとして1990年にデビュー。2010年のキングオブコントでは3位に入るなどネタの評価は高く、また木下は俳優としても「警視庁ゼロ係」シリーズ(テレ東)などに出演。アパレルブランドのディレクターも務め、多方面で活躍していた。

「もともと遊びっぷりは派手で、いまも大阪の繁華街では肩で風切って歩いている。母親や兄弟も幅広く飲食店を経営するなど、金回りはいいはず」(同前)

“フリー芸人”木下の行く末はどうなるのか。

「かつて太平サブロー・シローは吉本から独立し東京進出したがうまくいかず、結局解散。事務所の後ろ盾抜きには営業の仕事も取り難い。綾野剛、三浦翔平など交友関係の広さを活かし、役者業に活路を求めるか。宮迫と同じくYouTubeを主軸にするのか。いずれにしろこれまでとは違う展開が必要」(前出・芸能デスク)

 一方の木本は3月6日の「あさイチ」(NHK)で「コンビは続けます」とコメント。TKO寸前に追い込まれている木下の命運を握るのは、結局相方なのかも。

3/15(日) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00036594-bunshun-ent
3/15(日) 6:00配信


続きを読む