【俺らにも助成金くれよ】日本俳優連合(代表・西田敏行) 芸能界にも公的支援を!!

ニュース

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。勲等は旭日小綬章。株式会社オフィスコバック所属、協同組合日本俳優連合理事長、日本アカデミー賞組織委員会副会長。 福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退
101キロバイト (12,843 語) - 2020年3月17日 (火) 14:47



(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


もともと芸能人はバクチみたいなもの

1 ファビピラビル(大阪府) [ZA] :2020/03/19(Thu) 20:03:56 BE:784885787-PLT ID:nleqWLjG0●.net

sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
新型コロナで西田敏行が政府に“俳優の危機”を訴える、過去にも“仕事仲間”を激励
2020年3月18日 5時0分
中国では8万人、イタリアでは1万5000人、イランでは1万人……世界規模で感染者が増え続けている新型コロナウイルス。
日本の芸能界でも、映画やドラマの撮影中止やイベントの中止など多大な影響が出ている。
舞台を中心に活動する俳優はコロナウイルスの影響について、次のように話す。
「予定していた公演が次々に中止になって、これがいつまで続くのか……そう思うと本当に怖いです。
舞台俳優は1つの公演がなくなって、アテにしていたギャラがなくなってしまうと、本当に生活ができなくなってしまうという人も多いので……。
劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。俳優としての仕事は
これからもどんどん中止になっていくことが目に見えているので、バイトを増やして生活していくしかないですね」
俳優は“生きる危機に瀕する事態”に
そんななか俳優たちの仕事と生活を守ろうと声を上げたのが、西田敏行だ。
3月5日、『日本俳優連合』は安倍晋三首相、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働大臣宛に
『新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演などの中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請』
という要望書を提出した。この日本俳優連合の理事長が西田なのだ。要望書のなかで西田は、

《私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、
俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております》
《しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています》
《私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です》
と、俳優たちの現状について訴えた。
政府が発表した緊急対策には、コロナウイルスについての助成金が盛り込まれている。
臨時休校の影響で仕事を休んだ場合に支払われるというこの助成金だが、企業に雇われた保護者の場合は
1日8330円なのに対し、フリーランスの場合は1日4100円となっている。
 俳優はそのほとんどがフリーランスの立場である。これについて西田の要望書は、

《どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします》
という言葉で締められていた。


続きを読む