【31年ぶり】ミンククジラ初競り、スーパーに「100g598円」で並ぶ

ニュース

ミンククジラ(みんく鯨・学名Balaenoptera acutorostrata)とはヒゲクジラ亜目に属するクジラの一種である。ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属する。コイワシクジラ(小鰯鯨)とも呼ばれる。 この鯨種はかつてはクロミンククジラと単一の種Balaenoptera
11キロバイト (1,387 語) - 2019年2月9日 (土) 08:17



(出典 img.cf.47news.jp)


美味しくないのに、たかいよね

1 ガーディス ★ :2019/07/07(日) 16:12:32.29

 31年ぶりに再開された商業捕鯨で捕獲されたミンククジラの肉が4日、和歌山県太地町の太地漁港で初競りにかけられた。町内の仲買人らが競り落とし、地元のスーパーではさっそく、新鮮な鯨肉が並んだ。

 再開初日の1日に、太地町漁協所属の「第7勝丸」が捕獲し、北海道・釧路港(釧路市)に水揚げされた雌のミンククジラ(約2・1トン、体長5・8メートル)。

 太地町にはこのうち66キロが空輸され、午前8時からの競りでは、仲買人10人が参加し、箱(約4~5キロ)に入った赤肉や胸肉などを競り落とした。「大ギレ」と呼ばれる赤肉片は、町漁協が運営するスーパーに100グラム598円(税抜き)で並んだ。

 午前8時半の開店と同時に訪れ、購入した同町の男性(67)は「色もつやもよく、おいしそう。昼に刺し身でいただきます」と笑顔だった。

 町漁協によると、1日にはミンククジラ計2頭が水揚げされ、和歌山や北海道、大阪、京都など6道府県に出荷されたという。釧路市の卸売市場でも4日、680キロが取引された。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190704-OYT1T50213/
★1)2019/07/07(日) 00:41:14.51
前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562474026/


続きを読む