【やっぱり日本はすごかったww】「信じられない!!日本はどうなってんだ」  日本の病院で緊急治療を受けた米国人が驚愕の声

ニュース


(出典 cdn.technologyreview.jp)


新型コロナの感染者数見てたらわかる気がする

1 緑の人 ★ :2020/03/20(金) 21:33:53.80


(出典 smartblue.jp)


市民の全員が保健医療サービスおよび医療費補助を提供され、平等に医療が受けられる国民皆保険制度(ユニバーサルヘルスケア)
日本、フランス、ドイツ、スイス、豪州、カナダなどでは、指定された保険に加入することが強制されており、
基本的には全ての国民が加入する事になっています。

一方アメリカには他の先進諸国とは異なり皆保険制度は存在せず、医療費が非常に高額になるケースも少なくありません。
アメリカでは年間約53万世帯が破産していますが、そのうち60パーセント以上が医療費によるものと言われています。

多くのアメリカ人にとって医療費は大きな負担になっているわけですが、その深刻さと日本の皆保険制度の素晴らしさを伝える、
以下のツイートが海外のネット上で話題になっています。

「この前僕のアメリカ人のクライアントが、東京滞在中に救急医療が必要な状態になった。
僕は急いで病院に行くことを彼女に訴えたよ。
だけど彼女は涙ながらに、医療費が払えない、と叫んだんだ。だから、病院には絶対に行きたくない、と。

最終的に彼女は無保険のまま救急処置室で処置を受けたんだが、かかった費用は33ドル(約3500円)だけだった」

この投稿はツイッター上で6.7万回「いいね」され、このツイートを取り上げたフェイスブックのページには、
2000近いコメントが寄せられるなど、大反響を呼んでいます。


・緊急の治療を受けて33ドルで済むとか、日本はどうなってんだ。 +42

・日本在住なんだが、ちょうど今日息子を病院に連れて行った。
医療費は5ドル以下だったよ。これが皆保険制度のある社会の素晴らしさだ。 +1432 日本在住

・オオサカに留学してる時に体調が物凄く悪くなっちゃって、
ホストファミリーが緊急治療室に連れて行ってくれたのね。
急いでたから学生保険証も忘れちゃったんだけど、検査や治療も合わせてだいたい60ドルで済んで驚いた。 +385

・自分は日本の病院で緊急のヘルニアの手術を受けて、さら1週間入院。
その時の費用は1300ドルだったんだけど、  役所に明細を持っていたら700ドルが返還された。
皆保険は、医療費の面でも人を救うのかって思ったね。 +2121

・どうしてこの国には皆保険に反対な人が大勢いるのか理解出来ない。
基本的な人権とも言うべき要素なのに、そういう制度に反対するのはおかしいよ。 +1478

・何なのこの安さ。
アメリカだと病院までの救急車代が2000ドルだから。まさに破産へと向かう車ですよ +18
      
・アメリカ人は深刻な状況になるまで病院に行かないからね。
そして最終的には医療費によって破産することになる。 +2

・医療費を恐れなきゃいけないのは、アメリカの悲しい現実だよね。 +10

・アメリカだったら待合室にいるだけで2000ドル取られるし……。 +2

・日本での医療費はカナダやアメリカよりはるかに安かった。
こっちはサービスも平均以下だし。何だかねぇ。 +17 カナダ
  
・アメリカが日本並みの医療制度を整えるまで、あと500年はかかってしまいそうだ。 +190

ttp://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3390.html
https://www.facebook.com/TheGoodLordAbove/posts/3666251153462561?__tn__=-R
https://twitter.com/FarmboyinJapan/status/1233561303702093824

★1 2020/03/20(金) 19:41:43.01
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584703464/

関連スレ
【すごい】海外「羨ましい!」日本が新型コロナの影響で恵まれすぎてることに海外が仰天★5
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584675704/
【マジで!?】フランス大手雑誌が指摘する『日本のコロナ感染者数が少ない理由』が話題に★8
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584533116/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


続きを読む