【思い切り】浅田真央が生放送嫌いでも24時間テレビ出演を決意

ニュース

浅田真央が生放送嫌いでも24時間テレビ出演を決意した「家庭の事情」(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
夜の両国国技館。テーマソング「サライ」の大合唱の中、足元をふらつかせてランナーが帰ってくる。涙、涙、の演出で“感動”は頂点に。そこで彼女にマイクが回った。
(出典:Yahoo!ニュース)



(出典 news.mynavi.jp)


生放送嫌いなんだ いいんじゃないか 嵐もいることだし・・・

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/09(火) 06:56:30.32 ID:sv5O4X699.net

夜の両国国技館。テーマソング「サライ」の大合唱の中、足元をふらつかせてランナーが帰ってくる。
涙、涙、の演出で“感動”は頂点に。
そこで彼女にマイクが回った。真央さん、いかがですか? さて、そこで発する一言は……。

引退から2年。「真央ちゃん」ファンには朗報だ。8月末放映の日テレ恒例「24時間テレビ」。このチャリティーパーソナリティーに決定したのである。

「メインパーソナリティーは『嵐』ですが……」

とは、さる日テレ関係者。

「彼らはもう5回目で、安定感はあるけど、新鮮味に欠ける。その補完にしたいのが真央ちゃんなんです。
チャリティーパーソナリティーはこれまで石原さとみや上戸彩など、女優に任せることがほとんど。異例の起用は、“顔”としての期待を込めてです」

性格は大違い

と言うから、大変なプレッシャーであると同時に、上手くこなせばスケート以外の道も広がる、大事なお仕事となるのである。

が、これを聞いて、

「よく受けたな、とビックリしましたよ」

と言うのは、さるスポーツ紙のベテラン記者。

「彼女、実は生放送があんまり得意じゃないんです。現役時代から口下手で、アドリブに弱かった」

バンクーバー五輪で銀メダルを獲った直後、「良かったね」と振った記者に「良かったです」、「緊張した?」「緊張しました」と答えて話が止まってしまったのは知る人ぞ知る話。

「本人もその辺はわかっていて、引退後は、生放送での露出は極力避けてきた。昨年の平昌五輪の解説も、熱烈なオファーがあったのに断ったのは“生”を嫌がったことも一因です」(同)

なるほど、それなら、丸1日、生で展開も刻々変わる24時間テレビなどは、もっとも不得手とするところだろうに……。

“イノシシをさばきたい”

新たな挑戦のウラには何があったのか。

所属事務所に聞くと、

「週刊新潮」2019年7月4日号 掲載

https://news.livedoor.com/article/detail/16744197/
2019年7月9日 5時57分 デイリー新潮


(出典 image.news.livedoor.com)


続きを読む