【延期】マツダの「MAZDA3」ハイオクにするため国内発売を2カ月延期

ニュース

【発売延期】マツダ3、スカイアクティブX搭載車の発売が12月まで遅れる理由 – driver@web - driver@web
マツダは公式ホームページ内で、Mazda3(マツダ3)のSKYACTIV-X(スカイアクティブX)搭載グレードの発売が、これまでの「2019年10月発売予定」から「2019年12月 ...
(出典:driver@web)



(出典 news.mynavi.jp)


ハイオクねーー。 高いじゃん。 マツダってディーゼル車が売りじゃないのかねー

1 ばーど ★ :2019/08/09(金) 07:38:32.53

マツダは5月に国内投入した新型の小型車「マツダ3」で、新型エンジン「スカイアクティブX」を搭載したモデルの発売を延期すると発表した。従来予定していた10月から、12月中旬に変更した。国内向けにはレギュラーガソリン推奨仕様で用意していたが、ハイオク仕様に切り替えることに決め、調整期間が必要になったという。

新型エンジンは燃費を改善して走行性能も高めた。マツダ3から搭載を始めた同社の戦略の要だ。7月に欧州で開催したジャーナリスト向けの試乗会で、ハイオク仕様が加速や静粛性の面で高評価を受けたことから、国内向けもハイオク仕様で出すことにしたという。

2019年8月8日 18:01 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO48376030Y9A800C1LC0000?s=2


続きを読む