【ヒルナンデス】ブルゾンちえみ “滝菜月アナ”以下のロケ 謎のためらいに「女優気取りか?」

ニュース

の杵渕はな。自分の芸名で悩んでいたときに初めて杵渕に会い、杵渕曰く当時のブルゾンは見た目が女子プロレスラーのような雰囲気だったことから、ブル中野のイメージと「ちえみっぽい!」という簡単なノリで3秒で決まったという。なお、ブルゾンというのは英語・フランス語で、"blouson" と書く。
43キロバイト (5,370 語) - 2019年10月6日 (日) 14:18



(出典 ameba-c.com)



1 プーアル ★ :2019/10/08(火) 16:32:39.06 ID:HljZLx+m9.net

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にレギュラー出演するも、「芸人なのに笑いを取ろうとしない」「態度が女優気取り」と視聴者から厳しい視線が向けられているブルゾンちえみ。そんな彼女が、10月4日の放送でまたも視聴者からの不評を買ってしまった。

この日、番組は冒頭から、ブルゾンと滝菜月アナウンサーがLCCを駆使した格安ツアーで世界を回る海外ロケ企画を放送。これまでの放送ではシンガポールやドイツを楽しむ様子が放送され、この日はドイツでビールを飲む場面からスタートしていった。

ブルゾンは最初にあまり見慣れない緑色のビールを飲み、「甘い」「麦の香りはするけど苦味はない」と芸人らしからぬストレートな感想でレポート。その後の飲み歩きでも普通に飲食する光景が流れていき、翌日降り立ったロンドンでも特に盛り上がりのない普通の観光風景が映されていく。


スクラムを組むだけで「女子がやることじゃない」と赤面

ロンドンでは滝アナがブルゾンの紅茶を間違えて飲んでしまうハプニングがあったが、一口飲んでから「飲んでもいいですか?」と尋ねる滝アナに、ブルゾンは「遅い。飲んだでしょ!」とここでも普通にツッコんでいくのみ。その後、ラグビー発祥の地を訪れ、スクラムの強さを計測できる機械を体験する場面では、「スクラムするの恥ずかしい…」「女子がやることじゃない」と謎のためらいで中途半端な成績を記録した。

https://myjitsu.jp/archives/96501


続きを読む