【周りに何言われるか怖かった】元NHK・青山祐子アナ   7年で4児出産も、復職せず退職した理由..長い産休・育休の末に退職。 

ニュース

青山 祐子(あおやま ゆうこ、1972年12月27日 - )は、日本の元アナウンサー。日本放送協会に在職していた。 広島女学院高学では新体操選手、筑波大学在学中の1993年1月に行われた第43回三十三間堂弓道遠的大会成人女子の部で優勝する。身長163cm。血液型O型。
7キロバイト (783 語) - 2019年9月4日 (水) 14:26



(出典 contents.oricon.co.jp)



1 Egg ★ :2019/10/15(Tue) 23:17:32 ID:TZO7YvTO9.net

2012年の第一子出産以降、7年にわたり産休・育休を取得し、今年の3月にNHKを退職した青山祐子さん。世間では賛否もあった青山さんの選択の裏には、多くのママと同じような悩みと葛藤がありました。育休中は語ることができなかった、率直な気持ちをお聞きしました。

夫の仕事で5年前に香港へ移住。 常に復帰のことを考えていた

――7歳長男、6歳長女、4歳次男、2歳次女と4人のお子さんを育てながら、日本ではなく、ずっと香港で育休を過ごされていたんですね。

「移住は2014年、長女が1歳の頃です。もう5年経ちました。4人いると動物園状態(笑)。多くの家にヘルパールームがついて住み込みなのもあって、やりくりできていますね」

――率直に、今年の3月にNHKを退社されるまでに、どんな事情があったのでしょうか?

「いつか帰国できると思っていたので、移住後も子どもの休みに合わせて年2回帰国して、NHKと話をしていました。日本での単発の仕事や、香港で何かできないかと。けど、復帰するなら週5日、渋谷の放送センターに出勤するのがルールで、大きな組織なので異例は認めてもらえなくて。単身赴任も考えましたが、東京で親からサポートが得られる状況ではなく、外注も金銭的に負担が大きい。さらに、復帰への回答が迫った去年の夏に、脳に影が見つかりまして。結果的には問題なかったのですが、検査に1カ月ほどかかる中で真剣に考えて、本当にやりたいことは何かと突き詰めたら、今別居してまで仕事をしたいかと言ったらそうではない。子どもが小さい時期はあっという間に過ぎてしまうことも知っている。NHKの上司はとても親身に相談にのってくれて、復帰を叶えられなくて申し訳ないとまで言ってもらったのですが、焦ることはない、いずれ何かの形で復帰できたらと今は思っています」

10/15(火) 20:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00010024-magacol-life

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


続きを読む