【衝撃】小学生ファッション誌の編集長(49)がキッズモデルに“不適切行為” JSガール

ニュース

JSガール』(ジェイエスガール)とは、三栄書房が2011年2月22日より隔月で発行している小学生向けファッション雑誌である。 誌名の"JS"は「Joshi Syougakusei(女子小学生)」の略で、読者は小学校高学年をメインターゲットとしている。定期的に読者を対象とした撮影会イベントを開催し
3キロバイト (275 語) - 2019年3月10日 (日) 05:51



(出典 www.nakazen.co.jp)


またロリコン発見・・・

1 プティフランスパン ★ :2019/03/10(日) 14:47:45.95

2019年03月10日 11:00 文春オンライン
https://blogos.com/article/363053/

 小学生向け人気ファッション誌「JSガール」(発売・三栄書房、発行・エルティーエム、隔月刊)のN編集長(49)が、当時在籍していたキッズモデルに、撮影の際、同じホテルの同部屋に宿泊するなどの“不適切行為”を行っていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。N氏本人が事実関係を認めた。

◇ モデル志望の女子小学生にとって憧れの雑誌
「JSガール」は高学年の女子小学生がメインターゲットで、数多くの小中学生の読者モデルが在籍。モデル志望の女子小学生にとって憧れの雑誌で、発行部数は11万部とされている(2014年媒体資料より)。

(出典 static.blogos.com)

「JSガール」2019年4月号の表紙(画像の一部を加工済み)

 A子さん(現在10代後半)もキッズモデルとして活躍していた1人。だが、名物編集長の“不適切行為”にショックを受け、1年ほどで出演を辞退するようになったという。

 A子さんが初めて同誌の撮影に参加したのは、小学校6年生のとき。撮影現場で創刊当初から同誌の編集長を務めているN氏に出会ったという。
N氏は「マック店長」という愛称でモデルたちのSNSでもたびたび名前が取り沙汰されるカリスマ編集長。我が子をモデルにしたいと望む親たちにも広く名前を知られている。
「A子ちゃんは地方在住だったのですが、すぐに毎月撮影のために東京に呼ばれるようになったんです。最初はお母さんが同行していました。ただ、お母さんも仕事の都合で毎回はついてこられない。
そこで、N編集長がお母さんに『編集部で宿泊費をもちます。東京でのA子ちゃんの面倒はこちらで見ますよ』と提案したそうです」(A子さんの友人)

 これが“事件”の発端となる。A子さんの宿泊のために用意されたのは品川区にあるシティホテルだった。
「ホテルにチェックインしてみると、N編集長とA子ちゃんは同部屋だったそうです。さらに部屋にはダブルベッドが1つ。A子ちゃんはN編集長と同じベッドで寝なければならない。
N編集長から母親には隣の部屋を確保していると伝えていたのですが、A子ちゃんは『お母さんには内緒だよ』と言われ、ヘンだなとは思ったそうです」(同前)

◇ 同じベッドで寝ていると、N編集長がじわじわと近づいてくる

 ただ、小学6年生に拒否することはできなかった。
「初めて1人で東京に泊まった夜、N編集長がパンツにバスローブ姿だったのが衝撃的で目に焼き付いていると話していました。同じベッドで寝ていると、N編集長がじわじわと近づいてくる。
身体が触れる瞬間もあって、A子ちゃんは『襲われるかもしれない』と感じ、そのたびにトイレに行ったりして、うまくかわしていたそうです。回数を重ねていくたびに、N編集長からの“不適切行為”はどんどんエスカレートしていったそうです」(同前)

 さすがに不信感を隠しきれなくなったA子さんは、母親に今までのことを打ち明けた。N氏を信頼して我が子を預けていた母親は、怒り心頭。それ以来、A子さんを撮影に寄越さなかったという。
事件当時、同誌の発行・発売にあたっていた株式会社三栄書房(現在は発売元)に事実確認を求めると、このように回答した。
「N編集長の不適切行為は把握していません。詳しい経緯や事実関係が分からないため、コメントは差し控えさせていただきます」

 取材班はN氏にも接触。話を聞くと、事実関係を認め、こう述べた。
「一緒の部屋で寝たことはあります。ただお母さんが『1人で寝かせるのは不安』と言っていたので、一緒に寝ていたという認識でした。でも、今思えばまずかったなと。やらなければよかったということもあります」

 現在も芸能活動を行っているA子さんは、友人を介して次のように話した。
「ご質問の内容はすべて事実です。当時、私はまだ幼かったので、深く考えていなかった。ですが、いま思うと本当に気持ちが悪い。思い出したくない過去です」

 N氏の“不適切行為”の詳細については、「週刊文春デジタル」のオリジナル記事で報じている。また、関連動画も同サイトで公開中だ。
(「週刊文春」編集部/週刊文春)


続きを読む