【大絶賛】芦田愛菜 大和なでしこ”スタイル 凜として祝辞の大役務めた

ニュース

芦田 愛菜(あしだ まな、2004年6月23日 - )は、日本の女優、タレント、歌手。兵庫県西宮市出身。ジョビィキッズプロダクション所属。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。 母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入る。2009年(平成21年)、『ABC
75キロバイト (10,367 語) - 2019年10月26日 (土) 10:44



(出典 pbs.twimg.com)


15歳とは思えないしっかりした雰囲気

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/10(日) 07:16:29.97 ID:uW7MJAw79.net


(出典 image.news.livedoor.com)


人気アイドルグループ・嵐が9日、東京・千代田区の皇居前広場で行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の第2部「祝賀式典」に出席し、
天皇皇后両陛下の御前で、岡田惠和氏作詞、菅野よう子氏作曲の奉祝曲「組曲 Ray of Water」を奉呈した。
47万通の応募から参加した3万人が見守った厳かな式典で全身全霊を込めて歌唱した5人は、国民的グループとしての使命を務めあげた。
女優の芦田愛菜(15)、歌舞伎俳優の松本白鸚(77)、ロス五輪柔道男子金メダリストでJOC会長の山下泰裕氏(62)が祝辞。午後に行われた第1部と合わせ、延べ6万人が集まった。

芦田は淡い色調の着物に金の帯を巻き、髪の毛をアップに結った“大和なでしこ”スタイルで、「天皇陛下ご即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。
お祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが光栄に存じます」と2分半にわたる祝辞を奉呈した。
「新元号令和は万葉集からの出典と知り、何て素敵なことだろうと深く感動しております。古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、
新しい日本へ躍進していく時代になっていくことを、切に願っております」と聡明な表情を浮かべ、大役を完遂した。

令和の新時代を担っていく15歳の芦田に続いて、昭和、平成と日本の伝統芸能をけん引してきた白鸚が登壇。
「現代の日本における国民の象徴として、両陛下らしい新しい息吹を、日本の伝統文化に与えてくださると、固く信じております。
お導きを拝受できますことは、明るく大きな希望でございます」と言葉に力を込めた。

国民祭典は、俳優・谷原章介(47)と有働由美子アナウンサー(50)の司会で進行した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17358432/
2019年11月10日 5時59分 デイリースポーツ


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 www.asahicom.jp)


(出典 www.chunichi.co.jp)


(出典 i.ytimg.com)


続きを読む