【味に集中カウンター】ひとりラーメン「一蘭」はなぜ外国人観光客に人気なのか?

ニュース

台湾台北本店 台湾台北本店別館 一蘭ラーメンちぢれ麺 一蘭特製 赤い秘伝の粉付 一蘭ラーメンちぢれ麺 一蘭特製 赤い秘伝の粉付 福岡限定 一蘭ラーメン 博多細麺ストレート 一蘭特製 赤い秘伝の粉付 赤い秘伝の粉 「記入式オーダーシステム」「味集中カウンター」は、現在の一蘭になってからである。
14キロバイト (1,707 語) - 2019年3月11日 (月) 10:50



(出典 rabico.cocolog-tnc.com)


他とは違う雰囲気が受けてるんじゃない?

1 みなみ ★ :2019/03/14(木) 19:46:38.25

3/14(木) 15:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00010001-danro-life

福岡市に拠点を置くラーメンのチェーン店「一蘭」をご存知だろうか? 自習室のような仕切りのあるカウンター(正式名は“味集中カウンター”)。
そこに着席し、注文用紙に麺の固さやスープの濃さを記入して提出すると、目の前の壁がすっと開き、丼を持った店員の腕が伸びてくる。それを、ひとりで黙々とすするのだ。


個々の客がラーメンと一途に向き合えるこの環境こそが、ラーメン屋「一蘭」最大の特徴である。博多特有の極細ストレート麺に絡む、雑味の無い白濁スープ。メニューは潔く「とんこつラーメン」一本に絞っている。(神田桂一)
.

他人の目を気にせず、ラーメンに集中

元々「味集中カウンター」は「ラーメンに集中してもらうため」という理由で作られたらしいが、裏を返すと「他人の目を気にせずにラーメンが食べられる」ということになる。
だから女性ひとりでも入りやすい。本来の目的からは逸れるものの、なんてストレスフリーなのだろう、と思う。

では、その環境の良さと味は本物なのか。僕は新宿にある一蘭に行ってみた。

一つ一つの席の両側に仕切りがあるテーブルに着くと、紙に自分の好みのあれこれを書かされることになる。そして、5分ほど待つと、待望のラーメンが正面の窓から届けられる。

以下ソースで


続きを読む