【波瀾万丈】泰葉、借金3000万円超で自己破産! ひそかに「民泊住み込みバイト」を始めていた

ニュース

泰葉(やすは、1961年1月17日 - )は、東京都出身のシンガーソングライター、タレント、プロデューサー。血液型A型。初代林家三平の娘。春風亭小朝の元妻。本名:海老名 泰葉(えびな やすは)。 所属事務所は、小澤音楽事務所→レッドバス・エンタープライズ(結婚による芸能界引退まで)→アイアン・キャ
22キロバイト (2,999 語) - 2019年3月20日 (水) 03:55



(出典 various-search.com)


ネタがつきない人生だね

1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/10(水) 06:24:36.30 ID:ciZOamlw9.net

《ご指定のページを表示できません》

 泰葉の公式ブログが消えた。落語家の小朝と離婚直後は《金髪豚野郎》と綴り、昨年はホームレス生活を告白していたブログが先月から見られなくなっている。

「誹謗中傷や、明らかな個人情報を書き連ねていたので、強制退会させられたとネットでは話題になっています」(スポーツ紙記者)

■借金総額は3000万円超え

 泰葉について、週刊女性はこれまで数々の金銭トラブルを報じてきた。発売予定だったCDが制作費の未払いで頓挫。クラウドファンディングで集めた資金は生活費で使い果たす。昨年は高級ホテルのハイアットリージェンシー箱根での9泊分の宿泊費を踏み倒した。泰葉本人は週刊女性に債務は「2000万円から3000万円くらい」と語っていた。

「借金の総額は3000万円を優に超えます。その返済には“焼け石に水”とはいえ、ブログは彼女にとって唯一の収入源でした。それすらやめたのは、母親である海老名香葉子さんが彼女に資金援助をしているという話ですよ」(音楽業界関係者)

 もしや泰葉の親が肩代わりして借金は返済されたのか?

 ハイアットリージェンシー箱根に聞いたところ、「個人情報なので、お答えできません」とのこと。しかし、泰葉の元マネージャーで音楽ディレクターのA氏は、未払いのCD制作費600万円について、怒り心頭でこう話す。

「1か月ほど前に泰葉の弁護士から書面が届きまして、自己破産に向けて準備を進めているという内容でした。ただ、泰葉とは月々1万円ずつ返済するという約束だったのに、1回だけしか振り込みがなかった。それ以降、1円も払っていないのに、自己破産なんて絶対に許せません!」

 泰葉は今、どこにいるのか。

「泰葉さんは現在、森に囲まれた高原の小さな民宿に身を寄せているそうですよ」

 そう教えてくれた芸能プロ関係者の話をもとに、泰葉がいるとされる民宿を訪れてみると─。東京から車で約2時間半。週刊女性記者が民宿を経営する夫妻に取材意図を伝えてから待つこと1時間半。しっかりとメイクした泰葉本人が愛犬を抱えて姿を見せた。

「ここで“自分磨き”のために雇ってもらっています。昨年の12月からいます」

─民宿では何をしている?

「お風呂掃除をしたり、お客さんに出す料理のお手伝いもしています。今までの私は破天荒すぎました。小さいころから芸能界しか知らず、一般的な社会人として生活したことがないと、58歳で気づいた。実際に働いたらどういう経験ができるのかと、こちらでお給料をいただき、3食つきで毎日お手伝いをしています」

 民宿の夫妻によると、泰葉はイラン人婚約者と以前、1週間ほど客として宿泊したことがあったという。その縁で今回、泰葉からの申し出を受け入れ、雑用係として雇った。

「まかないは無料なのですが、彼女は自分の意思でお金を払ってくれます。お酒も飲まずにスリムになって頑張っていますよ」(民宿のママ)

─借金の返済は?

「それは弁護士の先生が入っているので、お金を返したかも含めてお答えできません」

─実家の母親から資金援助を受けている?

「いっさいありません。やはり親なので心配していると思いますが。民宿にいると先週メールしましたが、詳しい場所は伝えていません」

─ブログは強制退会させられた?

「自分から閉鎖したんです。ウソじゃないですよ!」

 すっかり転身した泰葉だが、芸能界に未練はないのか。

「私は世間知らずだし、芸能界独特の見せ方がわからなくなった。芸能界もダメだったし、一般人にもなれないから、奥さんになろうと思ったのですが結婚もできなかった。それで、ここに来て働き始めたのですが、だんだん生きていく自信がついて、今は芸能界を一生引退しないと思えるようになりました」

 立ち直るには問題は山積みだが、今は民宿の床と自分を磨き続けるしかない。

週刊女性2019年4月23日号2019/4/9
https://www.jprime.jp/articles/-/14916?display=b

(出典 jprime.ismcdn.jp)


(出典 jprime.ismcdn.jp)


続きを読む