【パリッ!ジュワー!】日本の餃子はここが違う!中国人が感じた違和感とは?

ニュース

餃子(ギョウザ、ギョーザ、拼音: jiǎozi)とは、小麦粉を原料とした皮で、肉、エビ、野菜などで作った餡を包み、茹でたり、焼くなどした食べ物である。調理の方法によって、水(茹で)餃子、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子などと呼ばれる。 まず、餃子の一つの発祥地である中国の餃子
57キロバイト (8,868 語) - 2019年4月6日 (土) 16:44



(出典 www.iwama-gyouza.com)


中国からはいってきたものをアレンジした感じ?

1 みなみ ★ :2019/04/11(木) 20:07:38.39

4/11(木) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00185111-tkwalk-life

中華料理屋さんに行けば必ず目にする「餃子定食」。

私たち日本人からすれば普通のメニューですが、中国出身のレポーターからするとビックリするポイントがあるみたいですよ。

【写真を見る】パリッと仕上げるために熱した鉄板はかかせません。

レポーターが感じたビックリは3つ。早速紹介していきましょう。

まずは、調理方法。餡を皮で包むところまでは中国と一緒、そこから鉄板に餃子を並べて焼く……というのがどうやら違うみたい。はて、どういうことかといえば……「中国では餃子といえば水餃子です」。

なんだとーーーーーー!

我々日本人は「餃子」と言われたらパッと思い浮かぶのは焼き餃子ですよね。でも中国人は違うらしい。我々も逆にそこにビックリ……

そして2つ目、こちらの写真を見ていただきましょう。

スープ、ごはん、餃子。定食の鉄板ですよね。でもこの組み合わせがビックリポイント。「餃子とライス、信じられますか?」

ええ、信じられますとも!と私たちは大きくうなずいてしまいますが、中国人からすればこれは信じられない事らしい。中国では、餃子は主食。おかずではないので、ごはんと一緒に食べるのは考えられないとのこと。

そして3つ目が、つけダレに関する違和感。

以下ソースで読んで


続きを読む