【愛人12人!】「2丁拳銃」小堀裕之 モテモテの理由

ニュース

2丁拳銃(にちょうけんじゅう)は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 (東京本社)の日本のお笑いコンビ。1993年にデビュー。愛称は「にちょけん」。大阪NSC12期生。 コンビ名の由来は2人がファンであるTHE BLUE HEARTSの『44口径』の歌詞からつけたもの。後に『44口径』は舞台出演時の出囃子となる。
26キロバイト (3,635 語) - 2019年4月14日 (日) 07:05



(出典 pbs.twimg.com)


クズっぷりがすごいねww

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/14(日) 09:18:12.94 ID:G7ZGmwM19.net

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】
お笑いコンビ「2丁拳銃」の小堀裕之のクズっぷりが話題になっている。

2017年のことだ。千原ジュニアが自分の番組で驚ガクのエピソードを語ったことに始まる。

「このご時世にあいつだけちゃうかな、愛人が8人いるんですよ!」と暴露し、批判が爆発しないことを不思議がる。

小堀はライブの関係者席を愛人で埋めたり、テレビの密着取材がついているのにテレビクルーをまいて愛人宅へ向かったり、
さらには後輩宅を3000円でラブホ代わりに使用したり、まさにやりたい放題だといわれる。

そんな小堀に業を煮やした先輩らが「もうやめろ! 8人と絶対に別れろ!」と諭したため、小堀が愛人たちに別れ話をしに行ったところ、驚きの結末が待っていた。
千原ジュニアは「結果、いま愛人が12人に増えてん!」と衝撃事実を明かしたのだ。

この事態を奥さんはどのように受け止めているのか? 小堀によると、奥さんから
「12人ってホンマ? そんなもん、あんたな、誰のことも好きちゃうで。あんたは、自分のことが好きなだけなんや!」
「1週間や足らんやないの! 週2回、逆にうちによう帰って来れたなー」と少し的外れな怒りが飛んでくるそうだ。

「チュートリアル」の福田充徳は、これほどまでに小堀がモテモテの理由について、こう明かす。

イベント帰りのエレベーターで、小堀と女性スタッフと一緒になった時だ。「スタッフさんに普通に『お疲れっした』って言うだけじゃなくて、ちゃんと一声かけて。
『今日、どうやった?』じゃないけど、なんか聞いて『えっ、すごいよかったってホンマ? ありがとう』みたいな。ちょっとしたコミュニケーションをとらはんねんな。
で、なんか言われたらうれしいやん。多分、それはそのスタッフからしたらさ、『小堀さん、エエ人やったな』になるやん」

その上で「(小堀は)やっぱり優しい。基本的に、人たらしなんやと思うで。
かわいい女の子限定とかじゃなくて、どの女性に対しても平等に優しい人やから、モテんねんやろうな。ただ、嫁は地獄やけどな」と分析している。

☆現役放送作家X氏=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳でラジオ番組で放送作家デビュー。
現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

http://news.livedoor.com/article/detail/16312519/
2019年4月13日 16時29分 東スポWeb


続きを読む