【地震】パプアニューギニアでM7.7の地震発生

ニュース

パプアニューギニア沖でM7.5 - 毎日新聞 - 毎日新聞
米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のパプアニューギニア沖で14日午後10時58分(日本時間同9時58分)ごろ、マグニチュード(M)7.5の地震があった。米ハワイの ...
(出典:毎日新聞)



(出典 www.cnn.co.jp)


大分でかいな 津波の心配がないなら取りあえずはいいか 最近、またじしんが多い気がする

1 みつを ★ :2019/05/15(水) 00:23:45.76 ID:K3WlFTaA9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00008723-weather-soci

パプアニューギニアでM7.7の地震発生 日本への津波の影響なし
5/14(火) 22:26配信

 日本時間の5月14日(火)21時58分頃、南太平洋で規模の大きな地震が発生しました。震源はパプアニューギニア、ニューブリテンで、地震の規模(マグニチュード)は7.7と推定されます。

 この地震により、太平洋で津波発生の可能性があります。気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はありません。(0:10更新)

※震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による

周辺諸国に津波到達のおそれ

 PTWCは、この地震により、パプアニューギニアとソロモン諸島、ミクロネシア連邦では津波が到達するおそれがあるとして、22時07分に津波情報を発表しています。

(0:11更新)
 気象庁は0時10分に、この地震による日本への津波の影響はないとの情報を発表しました。

 周辺海域では今後数時間は若干の海面変動の可能性がありますが、津波被害の心配はありません。

 発震機構が「横ずれ断層」に近かったため、大きな津波の発生しにくいメカニズムだったとみられます。


(23:44更新)
 PTWCは23時30分に、津波のおそれは無いとの情報を発表しました。


(23:06更新)
 PTWCは22時57分に新たな津波情報を発表しました。

0.3~1メートルの津波が予想される地域
 パプアニューギニア

0.3メートル未満の海面変動が予想される地域
 グアム、インドネシア、日本、マーシャル諸島、ニューカレドニア、パラオ、フィリピン、ポンペイ、ソロモン諸島、台湾、バヌアツ

津波の到達予想時刻
 ラバウル(パプアニューギニア) 22:03
 カビエン(パプアニューギニア) 22:56


(22:37 更新)
 気象庁は22時19分に北西太平洋津波情報を発表しました。

ソロモン海
 アムン 22:19 1~3メートル
パプアニューギニア北岸
 ラバウル 22:22 0.3~1メートル
ミクロネシア
 コスラエ島 00:36 0.3~1メートル


 続報が入り次第お伝えします。

ウェザーニュース


続きを読む