【所持金尽きて・・】70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 電子マネー購入→記載番号を1000回近くメール送信、所持金尽きるまで

ニュース

詐欺。「振り込め詐欺」と「振り込め類似詐欺」に分類される。 振り込め詐欺 オレオレ詐欺 還付金詐欺 架空請求詐欺 融資保証金詐欺 振り込め類似詐欺 金融商品等取引 ギャンブル必勝情報提供 異性との交際あっせん 特殊詐欺を助長する犯罪 詐欺師とは、詐欺
21キロバイト (3,012 語) - 2019年3月23日 (土) 07:34



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


気づかないものなんだね

1 靄々 ★ :2019/05/25(土) 04:48:59.48

新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

 新潟県警小出署は24日、同県魚沼市在住の70代の自営業の男性が特殊詐欺で約2450万円をだまし取られたと発表した。所持金が尽きるまで、電子マネーのプリペイドカードを買わされ、記載番号を1000回近くメールで送信させられていたという。

 小出署によると、昨年12月上旬ごろ、男性の携帯電話に「数億円の支援金を得る権利に当選した」という趣旨のメールが届いた。男性が「お金がほしい」と返信したところ、連日「金を受け取るためには登録手数料が必要」などとメールが届くようになった。男性はその都度、指示されるままにコンビニエンスストアなどでプリペイドカードを購入し、記載番号を計1000回近くメールで送信し続けた。

 男性は1人暮らしで、度重なる要求も不審に思わなかったが、今月13日、所持金が底を尽き弁護士に相談し被害が発覚した。

 県警によると、今回の被害額は、統計を取り始めた2014年以降、電子マネーを利用した特殊詐欺被害の中では県内最高額。【北村秀徳】

新潟県警本部=新潟市中央区で2019年2月22日、堀祐馬撮影

(出典 cdn.mainichi.jp)

https://mainichi.jp/articles/20190524/k00/00m/040/258000c
毎日新聞2019年5月24日 21時14分


続きを読む