【世紀の大発明ww】ドクター・中松氏がコロナ対策の新型マスクを発表

ニュース

ドクター中松」という通称で知られているが、中松が有する学位は学士号であり、博士号(ドクター)は保有していない。 中松は、マルタ騎士団から2010年に「サー」の称号を授与されたと自称しており、アパグループ公式サイト内で「サー中松義郎博士」と表記されている。
77キロバイト (9,670 語) - 2019年12月25日 (水) 09:25



(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


マスクよりはいいかもww

1 あずささん ★ :2020/02/14(金) 20:21:42.93

発明家のドクター・中松氏(91=本名・中松義郎)が14日、都内で会見を開き、新型コロナウイルス対策の新型マスク「ドクター中松スーパーメン SUPER M.E.N」を発表した。透明板で顔全体を覆う溶接マスクのような形状で、価格は1820円(税抜き)と高額だが、リングで頭に固定するため口や鼻に直接、触れることがなく、1回で捨てる必要もないので安上がりだという。

中松氏は「市販のマスクは、鼻と口を覆うことは出来ても目の保護は出来ない。目は鼻、のどから肺に達するので保護が必要。目からの感染は、スーパーメンしか防げない」と強調。発生した中国、日本をはじめ、アジア圏を中心に世界各国でマスク不足が叫ばれているが、同氏は「市販のマスクは織物のため、編み目からウイルスが通過する。マスクを買いあさる行為自体が無駄」と一刀両断。既に量産態勢を整えており、即出荷も可能で既に各国からオファーもあるという。

画像

(出典 www.nikkansports.com)


ソース/日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202002140000949.html


続きを読む