【お手本】杉良太郎が運転免許証を自主返納 高齢者事故に心痛

ニュース

良太郎(すぎ りょうたろう、1944年(昭和19年)8月14日 - )は、日本の俳優、歌手、元財団法人日本・ベトナム文化友好協会理事長。 法務省特別矯正監、外務省日本ベトナム特別大使、ベトナム社会主義共和国ベトナム日本特別大使、厚生労働省肝炎総合対策推進国民運動特別参与、ハワイ州ホノルル市名誉
52キロバイト (4,277 語) - 2019年6月7日 (金) 21:32



(出典 www.nikkansports.com)


運転の必要性がないのなら即返納でいい 厄介なのは車がないと生活が不便な人たちよ・・・・

1 ひかり ★ :2019/06/07(金) 15:12:10.36 ID:wU7ZqQ1I9.net

杉良太郎(74)が7日、東京・東大井の鮫洲運転免許試験場を訪れて、運転免許証を返納した。

杉は昨年12月から警察庁特別防犯対策監に任命されている。同所を訪れて免許証を返納し、運転経歴証明書を受け取った。最近では、高齢運転者による死亡事故なども全国で多発しており、
今年8月に75歳を迎える杉も、自主返納を決意した。「70歳の更新の時に大変な講習を受けて、この次更新できるかと判断して、次は返納しようと思ってました。
近頃、高齢者による事故が多発して、犠牲者も出ている。ちょっとでも不安があれば、返納した方がいいと。誕生日は8月なんですけど、6月に前倒しをしました」。

最近は、都内では運転せず、青森に帰った際に運転する程度だったという。妻の伍代夏子にも相談し、「いいんじゃない?」と承諾したという。杉自身の健康状態は悪くないというが
「講習の中でも、目の反応とか、危険を察知した時の反応が以前とは違うと感じていた。再交付した時はよくても、次の更新までの3~4年で、体調の変化もあると思うし、
そこが落とし穴になると思った」と話した。

運転経歴証明書で受けられる特典もある。杉は「こういう年になって、相手を傷つけてしまって刑務所に入るのはできないでしょ…。生きて出てくるのも難しい。
家族が話し合って、やめるところはやめないと」と啓発。今回の返納を通じて「考えるチャンス、きっかけになってほしい」。この日は、60人ほどの取材陣も駆けつけており
「これだけ取材が来ることにまずビックリした。それだけ社会現象ということなのかな」と苦笑いしていた。

警察庁の発表によると、昨年に運転免許を自主返納したのは全国でおよそ42・1万人で、そのうち75歳以上が29・3万人という。年々返納者数は増加しているものの、
返納率は75歳以上の免許保有者の5%という。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-06070334-nksports-ent
運転免許症を自主返納し運転経歴証明書を受け取った杉良太郎(撮影・大友陽平)

(出典 amd.c.yimg.jp)



(出典 upload.wikimedia.org)


続きを読む